【FIREの種類】4つのFIREの種類について解説!

ここ最近FIREという言葉をよく耳にするようになってきたかと思います。

もちろん初めて聞く人や知らない人もたくさんいるとは思いますが、そんな今若者の間で密かに注目されつつあるFIREについて解説していきます。

今回はFIREの種類についてです。

一言にFIREと言ってもいくつか種類があります。その種類を知ることであなたに適したFIREの形が見つかるでしょう。

この記事でわかること

  • FIREの概要
  • 4つのFIREの種類
  • あなたに適したFIRE

では、早速始めていきましょう。

※本ページはプロモーションが含まれています。

FIREとは

FIREの概要

まずは、簡単にFIREについて説明します。

FIREとは、「Financial Independence Retire Early」のそれぞれの頭文字をとったもので経済的自立と早期退職を意味します。

つまり、株式などからの資産収入から経済的自立を達成して不労所得で生活するスタイルのことを言います。

会社の給与以外の収入で生活費を確保できているので、定年前の早期退職が可能になります。資産収入を確保して経済的にも時間的にも自由になることがFIREの目的であると言えます。

広い意味でのFIREとは、資産収入から生活費をまかない今まで労働に費やしてきた時間的拘束から解放され悠々自適に生活するようなライフスタイルを意味します。

しかし、このパターンのFIREを達成するには少々難易度が高いという側面があります。達成できるのは、ある程度の高収入の人に限られます。

より多くのお金を資産運用に回さなければならないからです。

ですが、今から紹介するFIREのパターンによっては、達成の難易度を大きく下げることができます。

FIREの4つの種類について説明します!

FIREの種類

①Fat FIRE(ファットファイア)

一つ目は、Fat FIREについてです。

Fatとは、英語で太ったという意味です。言葉の意味の通りですが、Fat FIREとは、十分な資産を形成し余裕のある生活ができる状態のFIREです。

紹介する4つのFIREの最も生活にゆとりのある最上級のパターンです。

生活費のためのお金の他にさらに贅沢をするお金が捻出できる状態です。日々の生活で経済面での不安がない状態なので、目指せる人はこのパターンを目標にすることが良いでしょう。

ただ、デメリットとしては、より多くの資産を築く必要があるので、難易度が高い点にあります。

普段の生活費により変動しますが、おおよそ1億円近くの資産が必要になってきます。大きな資産が必要になるため達成に時間がかかり難易度が高くなります。

それなりの収入と節約が必要になってくるのがこのパターンの特徴です。

こんな人にオススメ

  • 年収が高く実現の可能性がある
  • 買い物や旅行などが好き
  • 極端な節約に向いていない

②Lean FIRE(リーンファイア)

続いてはLean FIREについてです。

Lean FIREはFat FIREと対義的なパターンになります。生活費を下げて少ない支出で生活することによって少ない資産でFIREをするというものになります。

Lean FIREは約3000万円ほどの資産でFIREすることができるため達成するための難易度はぐっと下がります。その反面、支出を最大限カットして節約する必要があるため、生活自体は窮屈になると言えます。

価値観は人ぞれぞれですので、節約生活をしながらでも不自由に感じない方や時間的自由を優先したい人などはこのパターンに向いている人かと思います。

節約を徹底して支出を抑えた生活をすることが必須になります。

こんな人にオススメ

  • ミニマリスト
  • 節約生活が苦にならない
  • 無料のコンテンツで楽しめる
  • 時間的自由を優先したい

③バリスタFIREとサイドFIRE

バリスタFIREとサイドFIREは似ているのでまとめてご紹介します。

これらは、資産収入で生活費の半分を賄い、残りの生活費の半分を労働収入で賄うというものです。労働収入で生活費を確保する点は共通するところです。

違いとしては、労働の内容にあります。

バリスタFIREは、パートタイムで雇われる形です。一方でサイドFIREは副業で稼ぐ形です。

つまり、バリスタFIREは雇用関係を結び雇ってもらうのに対して、サイドFIREは自らのビジネスで稼ぐ個人事業ということになります。

雇用関係を結び従業員として働く場合と個人事業主として働く場合だとそれぞれメリットやデメリットがあります。

従業員は雇用関係を結ぶことによって会社に社会保険料を一部負担してもらえることや、パートタイムは時間給なので収入が安定するなどのメリットがあります。

個人事業の場合は、社会保険料など自己負担になります。また、収入も事業の波に左右され安定しないかもしれませんが、収入は青天井で上限なく伸ばせるところがメリットになります。

このように双方のメリットとデメリットを理解した上で判断することが大事です。

そして、FIREの観点から言うとどちらも労働収入で生活費の半分を賄うのでFIREへの難易度が下がります。単純にFat FIREを目指す場合と比べて必要になる資産金額や達成までの期間を半分にすることができます。

4つのFIREのパターンで最も現実的かつ再現性の高いFIREの実現方法かと思います。

私は、一般的なサラリーマンが目指すべきなのは、バリスタFIREかサイドFIREであると思っています!

こんな人にオススメ

  • 平均的な年収のサラリーマン
  • 仕事をするがプラスαで収入が欲しい方
  • 老後の経済不安を解消したい方

④Coast FIRE(コーストファイア)

今までのFIREは経済的自立と早期リタイアを目指すあまり、仕事を辞めるもしくは、仕事の時間を減らすことを前提としていました。

ですが、コーストFIREは仕事を辞めずにフルタイムで働き続けます。

経済的自立を目的としているFIREの中でなぜコーストFIREだけがフルタイムで働くのか?

その理由は、働きたいから。です。

つまり、経済的自立を達成していていつでもリタイアできるが、あえてリタイアしないパターンになります。

Financial Independence, Retire Early(FIRE)のFIの部分を重視したパターンです。

コーストFIREの一番のメリットは、いつでも仕事を辞められる状態にあると言うことです。

どのあたりがメリットなのか?

今は仕事が順調で働くことが楽しかったとしてもいつまでも同じ状態であるとは限りません。例えば、嫌な上司に代わってしまったり、病気や怪我で働けなくなってしまったりなどです。

あまりネガティブなことは考えたくはありませんが、現実に起こってもおかしくはありません。起こりうるリスクとして備えておけるのであれば備えるに越したことはありません。

そうしたリスクに対して対応できるところがコーストFIREのメリットです。

もしかすると、最強のFIREの形と言えるかもしれません。

こんな人にオススメ

  • 働くことが好き
  • 老後不安をなくしたい
  • 経済的リスクに備えたい

まとめ

4つのFIREのパターンについてご紹介しました。

それぞれ良い点や悪い点があることを感じてもらえたかと思います。自分のライフスタイルに適したものを選ぶと良いと思います。

FIREのパターン

  1. Fat FIRE
  2. Lean FIRE
  3. バリスタFIRE,サイドFIRE
  4. Coast FIRE

サラリーマンの立場で考えると4つのパターンのうち、バリスタFIREかサイドFIREが現実的で最適な選択ではないかなと考えています。

理由は、資産収入と労働収入で生活費の半分ずつを賄うため、フルでFIREをする場合に比べて金融資産の金額が半分で済むこと、労働力を半分に減らせることがあります。

FIRE達成の難易度が格段に下がるので、平均的なサラリーマンの年収でも実現可能です。

結論、自分のライフスタイルに適したFIREを目指しましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA