【必見】まず初心者が取り組むべき投資とは?!

今回、私も取り組んでいる投資としてつみたてNISAをご紹介いたします。

つみたてNISAの概要からメリットデメリットを中心にお伝えできればと思います。

私も運用しながら実感していますが、つみたてNISAは投資の入門だと思いますので、ぜひこの記事をご参考にチャレンジいただければと思います。

※本ページはプロモーションが含まれています。

つみたてNISAとは?

つみたてNISAとは、2018年1月からスタートした少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。金融庁が個人の資産形成を助けるために作った制度です。

投資で得た利益を非課税で受け取ることができるので、大変メリットがあります。

通常、投資で得た利益には税金が約20%ほどかかってきます。その税金が課税されないので、お得に資産運用をすることができます。

ただし、運用の枠が決まっており、年間40万円が上限になります。そして、非課税期間は最長20年間です。そのため、毎年40万円を積み立てれば、20年間で最大800万円の運用が可能です。

また、投資対象の商品が決まっています。

長期・積立・分散投資を目的としていますので、それらに適した金融商品にのみ投資が可能と定められております。一定の水準を満たした株式投資信託と上場投資信託に限定されています。

金融庁が指定した金融商品のみ購入できるということです。つまり、金融庁のお墨付きの比較的優良商品でぼったくり商品は排除されています。

メリット

非課税

つみたてNISAの最大のメリットとしては、得た利益に対して課税されないことにあります。

通常だと100万円の利益に対して約20万円課税され課税後に手元に残るのは、約80万円となります。非課税だとまるまる手元に100万円が残るので大変お得です。

つみたてNISAで得られる利益は、2種類あります。購入価格と売却価格の差額で得られる譲渡益と保有中に発生する分配金です。キャピタルゲインインカムゲインといいます。

これらに対して課税されません。

ほったらかし運用

つみたてNISAは最初に積み立て金額を設定するだけです。その後、頻繁に売買することはありません。

積み立て設定を行えば自動で毎月積み立ててくれるので、やることとしては、設定した金額が毎月積み立てられているかを確認するだけです。

あとは、ほったらかしにして見守るだけなのでとても簡単です。

ここで変に利益が出たから売却して利確しないようにすることがポイントです。積み立て投資は長期でコツコツが大事なので、20年~30年寝かすつもりで大事に育てましょう。

1度設定をすればあとは、ほったらかしで良いので、普段忙しいサラリーマンでも取り組めます。

時間的拘束がないこともメリットですね。

デメリット

損益通算ができない

NISA口座で保有している投資信託が値下がりするなどした後に売却して損失が出たとしても、ほかの口座で保有している金融商品の配当金や売却益と相殺することはできません。

つまり、赤字と黒字を相殺することができません。

損益通算をすることで節税効果がありますが、それができないということです。

繰り越し控除ができない

繰り越し控除とは、現在の赤字を将来の黒字と相殺することができる制度です。

今年度生じた赤字を翌年度以降に繰り越すことが可能で、黒字の年の利益と相殺することによって課税所得を減らすことができます。

一定の節税効果がありますが、それができません。

 

これらの制度は仮に損失が出てしまった場合に、黒字と赤字を相殺してペイにしようという仕組みですので、損失を出さなければ特に気にする必要もありません。

極端に損するという話ではなく、そういった制度が使えたらいいなくらいのものだと思っています。

初心者におすすめの理由

難しいことをしなくてよい

つみたてNISAが初心者におすすめな理由は、自分で難しい売買をしなくて良いことと投資対象商品を金融庁が限定してくれていること、そして積み立て投資であるということです。

投資信託とは、様々な銘柄の株式や債券などに分散投資してくれる金融商品でいわば、株や債券の詰め合わせパッケージのようなものです。投資家から集めた資金を元に運用を行ってくれます。

そのため、分散投資をすることができますし、何か難しいことを自分でやらなくてはならないということがありません。

そして、金融庁が長期の積み立てと分散投資に適した投資信託販売手数料信託報酬などの観点から一定の基準を満たすものを選定して対象商品を限定してくれています。

投資初心者にとっては選択肢を限定してくれている方が迷うことが少なくなりますので、メリットになると思います。

また、株式投資の世界では、常に株価が変動します。安い時に買い、高い時に売れば利益になりますが、投資初心者にそのような判断はできません。

つみたてNISAは毎月一定の金額を淡々と買い続けるので、投資タイミングを考える必要がありません。そのため、投資に詳しくなくても始められます。

毎月一定金額を購入する方法は、ドルコスト平均法と呼ばれる投資方法になりますが、

価格が変動する金融商品を常に一定の金額と一定の期間で時間を分散して購入することで、リスクを抑えながら投資をすることができます。

価格が低い時の購入量は多くなり、一方価格が高い時の購入量は少なくなります。そのため、価格が高い時に高値でつかむリスクを軽減することができるのです。

気軽に分散投資ができて、一度積み立て設定を行いほったらかしで運用できて、なおかつある程度リスクを抑えることができる。

このように難しい知識がなくても始められるので初心者におすすめです。

まとめ

つみたてNISAについてお話いたしましたが、私は投資初心者におすすめの投資はつみたてNISAだと思っています。

投資の大原則は長期と分散です。やはり、投資にはリスクはつきものです。

もし仮に個別銘柄一択の集中投資を行い短期トレードで大きなリターンを狙うような投資をするとします。その場合、株価が上昇すれば大きな利益にはなりますが、下落すれば大きな損失になります。

集中投資をしているので、下落してしまえば資産を溶かして即座にゲームオーバーです。

そのリスクを回避するために分散投資であり、長期投資です。短期の集中投資はギャンブルと言わざるを得ませんし、まず、初心者が取り組むべきものではありません。

つみたてNISAは長期の分散投資なので、リスクを抑えて運用できるので、投資初心者はまず、つみたてNISAから始めるといいと思います。

その理由は、

  1. 長期・分散投資によるリスク管理
  2. 税制上のメリットがある
  3. 一度設定すればほったらかしで運用ができる

まずは、つみたてNISAを始めて資産形成をすることを検討してみてはいかがでしょうか。

また、私の運用成績や投資商品についてもご紹介できればと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA