【不要】一人暮らしのサラリーマンに車は必要ない?!

私は現在25歳のサラリーマンです。

20代も半ばに差し掛かりある程度まとまったお金も貯蓄できている年頃です。そのため、そろそろ車が欲しいなと考え始める頃です。

実際に私の会社の同期も車を買っていました。

ぼんぴと
ぼんぴと

車があったら便利だろうな、、。

私も車が欲しいなとは少しは思いますが、買いません。なぜなら、費用面でデメリットが大きいからです。

それに今は、車を借りるためのサービスが充実しているのでそれを活用すれば困ることはないからです。

一人暮らしのサラリーマンの立場から車は必要か?必要ないか?を考えていきたいと思います。

この記事を読んでわかること
  • 車はあると便利という事実
  • 車の維持費は結構かかる
  • カーシェアという便利なサービスがある
  • 車が必要な人と必要でない人の違い

では、早速始めていきましょう!

※本ページはプロモーションが含まれています。

車はあると便利

移動手段

車の利用用途としては移動手段ですが、やはり車があると非常に便利であることは間違いありません。

家から出かけるときに、家の駐車場から直接目的地に向かうことができるのは車を所有している人のメリットでしょう。

また、レンタルとは違い事前に予約する必要がないので融通が利く点もメリットとして考えられます。緊急時にもすぐに利用できます。

このように、出かける際に移動手段として気軽に利用できることが車所有者の大きなメリットといえます。

買い物に利用

車を所有していると買い物に非常に便利です。

例えば、雨の日や重たい物を買う時、まとめ買いで大量に購入するときなどです。これらは、歩きや自転車などでは少々不便に感じるところです。

しかし、車があると簡単に買い物することができるのでやはり便利です。

リフレッシュにドライブ

ちょっとしたお出かけに利用できるのも車所有者のメリットです。

レンタカーをわざわざするほどではないけど、少し近所をドライブしたい時など、すぐに車を出せるので便利です。

旅行など遠くに出かけたい時など何か目的があるときにレンタカーを利用することは多いと思います。しかし、気晴らしに少しドライブしたい時にレンタカーを利用する人は少ないでしょう。

また、レンタカーは夜の営業時間外だと借りられないことが多いので、利便性の面では圧倒的に自家用車でしょう。

気軽にいつでもすぐに車を利用できる点が大きなメリットです。

車の所有にはこんなにお金がかかる

車を所有するには結構お金がかかります。車を購入した後の維持費でお金がかかります。

そのため、家計を圧迫しないようにシミュレーションしたうえでの購入が必要です。

質問者
質問者

車が高いのは知っているけど、車両の購入価格だけじゃないの?

車両の購入費用の他に、税金、保険、駐車場代、メンテナンス費用などがかかってきます。

これらは毎年の家計に影響を与えるのでよく考える必要があります。

勢いで購入して切羽詰まらないようにしましょう。

購入費用

まずは、車の購入費用です。

新車を買うか、中古を買うか、そして、車種によっても予算は変動しますが、車を所有するにあたり避けられない費用です。

新車で車を買う場合、購入する車種によりピンキリですが、おおよそこれくらいはかかってくると想定しておくのが良いでしょう。

車種価格相場
軽自動車約100万~200万円
セダン約200万~500万円
ミニバン約200万~400万円
コンパクトカー約100万~300万円
クーペ約300万~1500万円
ワゴン約200万~500万円
SUV約200万~500万円
価格相場表

この表はあくまで例ですが、数百万円の購入費用がかかってきます。

外車などの高級車になると数千万円を超えてきます。

まずは、第1のハードルで購入費用が負担となってきます。

税金

第1のハードルをクリアして車の購入に踏み切ったとします。

次に考えなければいけないのが、車の維持費です。その内訳に税金があります。

自動車税自動車重量税です。

①自動車税

自動車税は年1回必要となり、排気量などによって異なります。

詳しくは割愛しますが、排気量が少ない軽自動車など約1万円から排気量が多くなってくると約10万円ほどかかる車種もあります。

購入予定の車がどのくらいの課税対象になるのか把握しておくと良いでしょう。

②自動車重量税

続いて、自動車重量税は車検のたびに納付する国税で車両の重量ごとに異なります。

車種によって課税額が違うこととその車の経過年数によっても課税額が変動します。計算が複雑なので事前によく調べておくと良いでしょう。

保険

保険は大きく2種類あります。法律で加入が義務づけられている自賠責保険任意で加入する自動車保険があります。

①自賠責保険

自賠責保険は法律で加入が義務付けられているので絶対に入らなければならない保険です。補償の範囲には限度があります。

また、補償の対象となるのは、交通事故などで他人を死亡させたり、ケガをさせたりした人身事故の場合です。事故の程度により賠償額が高くなった場合には、自賠責保険では賄えない場合があります。

補償範囲や保険料などの詳細は日本損害保険協会のサイトを参考にしてください。

②自動車保険

自賠責保険の補償範囲に限度があり、完ぺきではありません。そのため、補償しきれない範囲については自動車保険に任意で加入してカバーする必要があります。

自動車保険は対人、対物、車両の損害賠償責任部分など、もしもの時に備えたい対象や目的に応じて幅広く対応することが可能です。

そのため、自動車保険に加入するともしもの時に備えて、万全の対策を講じることができます。

しかし、なんでもかんでも加入してしまうと保険料が高くなってしまうので、本当に必要なものを取捨選択して加入を検討する必要があります。

その他諸々の費用

①駐車場代

車を所有するにあたりおのずとかかってくるのが駐車場代です。

住む場所によって高いところもあれば安いところもあります。

都会になるほど高い傾向にありますが、月1万円前後の駐車場代がかかってくることを想定しておきましょう。

②ガソリン代

車を利用するには欠かせない燃料代です。

これは、燃費や走行距離により変動しますが、毎月発生する費用です。

③メンテナンス費用

車を維持するために日々のお手入れにも費用がかかります。

オイル交換や洗車、点検・整備などです。故障すれば修理する必要があるので、その都度数万円~数十万円の費用が発生します。

安全、快適に車に乗るためにもこのようなメンテナンスは必要不可欠です。

費用を抑えるならカーシェアがお得

ここまでで車を所有した場合の利便性と維持費についてお話してきました。確かに便利ではありますが、それなりに費用がかかってくるのも事実です。

そこで便利でお得なカーシェアについてご紹介したいと思います。

カーシェアとは?

カーシェアとは、会員メンバーで自動車を共有するシステムです。事前に申し込みを行い会員になっておくことで、使いたい時に予約をして利用することができます。

レンタカーの場合は、営業時間内にお店へ訪問して対人の手続きが必要です。

しかし、カーシェアは車が空いていれば、深夜であっても好きな時間に利用することができます。もちろん、ネットでの事前予約は必要です。

事前予約は利用する直前でも可能で、レンタカーと違い気軽に車を借りることができるので非常に便利です。

料金体系は15分単位での課金制が基本となっているので、短い時間の利用もおすすめです。

カーシェアがお得な理由

今回は、車所有とカーシェアを比較してのお得な理由を紹介します。

シンプルにカーシェアはコスパが良いのがお得な理由です。

細かい料金については各カーシェアリングサービスを運営している会社のHPを確認いただきたいのですが、車所有と比較するとかなり安いです。

もちろん、利用頻度や利用時間により変動しますが、月数回程度であれば、カーシェアが断然お得です。

タイムズカーシェアの場合、現在の料金体系で考えると、6時間の利用で約4000円です。

仮に6時間で月2回程度の利用する場合だと、月約8000円しか費用がかかりません。月1万円以下で車が乗れます。

車を所有している場合だと、駐車場代だけで毎月約1万円ほどかかってくるので、かなりお得です。

このように利用の仕方にもよりますが、コスパは圧倒的にカーシェアに軍配が上がります。

もちろん、わざわざ借りないといけないというデメリットもありますが、月数回程度しか車に乗らないのであれば、検討する余地はあるのではないでしょうか。

まとめ

結論、1人暮らしのサラリーマンに車は必要ないと私は思います。

車に乗りたい時は、カーシェアレンタカーを利用するとコスパも良くベストな選択だと思います。なぜなら、月に数回程度しか車に乗らないからです。

私の場合は、ほとんど車に乗ることがありません。月に本当に数回程度、もしくは、全く乗りません。

買い物も近くのスーパーに徒歩か自転車で向かいます。そのため、生活において車がないと困るということはありません。

車が必要かどうかの指針として、車がなくても生活が成り立つか?この問いを自身に問いかけるといいと思います。

ほとんどの人は、車がなくても生活が成り立つのではないでしょうか。

通勤で車が必要な場合や郊外に住んでいて車が必須な場合は例外ですね。

結論
  • 月に数回の車利用であれば、カーシェアの方がコスパ抜群
  • 利便性は少し劣るが、カーシェアも十分便利
  • 生活が成り立つのであれば、1人暮らしのサラリーマンに車は不要

それぞれの経済状況やライフスタイルによって車の有無は変わってきます。

私は、FIREを目指しているので、車を所有することで余計な費用が発生することを避けています。その分を投資に回したいからです。

皆さんそれぞれの考え方がありますので、1つの意見として参考にしていただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA