【超簡単】これだけやればお金が貯まる!?たった一つの貯金方法をご紹介!

今回のテーマは、貯金についてです。

FIREを目指すにあたり、貯金は必ず必要になってくる大事な要素です。

皆さんは、どれくらい貯金をしているのでしょうか?

日本人は世界的にみると貯金体質でため込みがちのようです。

ぼんぴと
ぼんぴと

タンス預金なんて言葉もありますからね。

しかし、稼いだお金をすべて使い切ってしまい、一向にお金が貯まらない浪費家の方もいるのではないでしょうか。

そんなついついお金を使ってしまう方に向けて、お金が貯まるたった一つの貯金方法をご紹介します。

すでに、お金を上手に貯金できている方も参考になればと思います。

また、お金は使わないと経済が回らないのは事実ですので、貯金こそすべてというつもりは一切ありません。

お金を使うことも大事ですので、うまく貯金とのバランスをとっていきましょう。

この記事を読んでわかること
  • 確実に貯金をする方法がわかる

では、早速始めていきましょう。

※本ページはプロモーションが含まれています。

たったこれだけでお金が貯まる

先取り貯金

結論から言ってしまうと、お金が貯まる最も良い方法は、先取り貯金です。

先取り貯金をしないから貯金ができないといっても過言ではないと思います。

先取り貯金とは、言葉の通りで先に貯金にお金を回す貯金方法です。

例えば、毎月の給料が月末に20万円入ってくるとすると、生活費や娯楽費などで使ってしまう前に、別口座へ3万円を移して貯金を行っていきます。

そして、残りの17万円で今月の生活をやりくりします。

そうすることで、先に別口座に移した3万円には手を付けることなく済むので、貯金成功です。

これを毎月続ければ、貯金用口座には3万円ずつ貯金額がつみたてられます。

ぼんぴと
ぼんぴと

もちろん先取りの貯金の金額は、自由に設定して構いませんよ。

イメージ図

上の図の生活費用の口座からお金を使うことで、貯金用の口座は貯めるだけにします。

そうすると、着々とお金を貯めることができます。

ここで重要なのが、先に別口座へお金を移すということです。

この行動を給料が口座に振り込まれたらすぐに行いましょう。そうしなければ、おそらく浪費家のあなたは、口座にあるお金をすべて使い切ってしまいます。

先にお金を移してしまうことで、給料をすべて使いきる選択肢をなくしてしまうのです。

給料をすべて使い切ってしまうのは、使える場所に置いているからです。貯金用はの口座からは現金を引き出さないとルールを決めて守りましょう。

そうすれば、おのずとお金が貯まるはずです。

さらに、口座を2つに分けて管理することで、生活費用の口座でやりくりする工夫ができるようになります。意識をせずとも結果的に節約の効果もあります。

なぜなら、生活費用の口座に入金されている範囲内でしかお金を使うことができないので、必然的に節制になり、浪費を減らすことができるでしょう。

限られた予算でやりくりしなければならない状況を作ることで、計画的にお金が使えるようになります。

お金を使ってしまう前に、先取り貯金を行い、計画的にお金を貯めていきましょう。

お金を貯めるのに大切なこと
  • お金を使う前に先に貯金をする

お金の管理方法

貯金ができない多くの原因は、管理の方法にあると考えています。

1つの口座でのお金の管理が、貯金を難しくしていますが、用途ごとに口座を分けると運用しやすいです。

例として、口座を3つに分けてみましょう。

お金の管理方法

①生活費用の口座

②緊急の出費用の口座

③貯金用の口座

①生活費用の口座

この口座は、主に日常生活において常に発生する必要最低限の支出を賄うための口座です。

食費や日用品などの生活必需品、家賃、水道、光熱費などのインフラ関係、その他にも交通費、交際費など日常生活において発生する支出をこの口座から賄います。

②緊急の出費用の口座

この口座は、いざという時の大きな出費に備えるための口座です。

例えば、引っ越しに伴う家具の購入、旅行するための費用、車の車検代や修理費用、たまに行うちょっとした贅沢のための費用などです。

日常的に発生するわけではないが、それなりにまとまったお金が必要になる場合です。

そのような状況に対応するために、事前に準備をします。

③貯金用の口座

毎月貯金を積み立てていく口座です。

基本的に出金を行わず、目的に応じて使用します。

例えば、結婚式の費用で200万円、子供の学費で400万円、などです。

貯金の目標を設定して、淡々と積み立てていくのが良いでしょう。

将来の備えとして目標の金額を達成するまで使わないと心に誓うと、誘惑に負けて使ってしまうこともなく貯まりやすいのではないでしょうか。

イメージ図

給料が振り込まれたらまずは、必要な金額をそれぞれの口座に割り振ります。

割り振る金額は、あなたの収入やライフスタイル、目標などに応じて各々設定すると良いでしょう。

お金を使う前に割り振ってしまえば、用途に応じてそれぞれの口座からお金を使うだけになり、お金の管理が簡単になります。

このように口座を分けて管理することで無計画なお金の使い方をすることを避けることができ、計画的にお金を貯めることができるでしょう。

多くの人は、使えるお金があると勘違いして、余計なお金を使ってしまうのではないでしょうか。

おそらく浪費家の方は、お金の管理が甘いことに原因があります。

あらかじめ、お金の管理のルールを決めて、それに沿った運用を心がけることで、無駄を減らし貯金はできます。

ぜひ、自分ルールを決めて、お金を管理してみてください。

ポイント
  • 用途ごとに口座を分けて管理する

お金を貯められない人の特徴

お金が貯まらない人にはある程度共通点があるものです。また、お金が貯まらないのには何かしらの理由があるはずです。

お金が貯まらない人の特徴をいくつかご紹介しますので、ご参考になればと思います。

あてはまるものがあればあなたも要注意かもしてませんね。

無駄遣いが多い

お金の使い方には、消費、浪費、投資の3つのパターンがあります。そのうちの浪費が無駄遣いにあたります。

無駄遣いを防ぐためには、購入前に一度本当に必要なものなのかを考えるようにしましょう。

意外と気づかないうちに無駄なものを買ってしまっているものです。

では、どのような買い物が無駄なのか?

例えば、セール品のまとめ買いは無駄な買い物になることが多いです。

安いからといってついつい買ってしまっていませんか?その買い物本当に必要ですか?

安いからお得は勘違いです。

よく考えずに衝動的に買ってしまったものは、結局あまり使わなかったなんてことよくあります。

食材でも同じで、まとめ買いが安くてお得だからという理由で、週末にまとめて購入したが、うまく使えずに食材を腐らせてしまうなんてことよくあると思います。

結果的に腐らせた食材の分、損をしていることになります。

安く買うことだけを考えすぎると結果的に高くつきます。

購入する前には、一度立ち止まり、本当に必要なものなのかを自身に問いかけることをお勧めします。

収支を把握していない

月に自分がどれだけお金を使い、いくら残ったのかを把握していない人は、お金を貯められない人の特徴でしょう。

一言で言ってしまえば、計画性がなく、衝動的に欲しいものを購入してしまうタイプだと考えられます。

また、貯金の意識が低いことが問題であることも多いです。

そのため、まずは、貯金をする目的を設定して、貯金に取り組む環境を作ることで改善することができると思います。

貯金をすることに対して楽観的なため、貯金ができないのでしょう。おそらく、お金を貯める必要性をあまり感じていません。

だから、家計の収支に興味が向かないのです。

貯金をする目的を明確にして、目標を定めましょう。そうすることで、家計の収支にも目が行くようになるはずです。

明確な目標があれば、取り組む理由にもなり、無駄な支出が減るはずです。

固定費が高い

収入に対して固定費が高い場合、これもお金は貯まりません。

固定費は毎月支払わなければならない費用としてかかってきます。そのため、収入に対する割合が高ければ、いくら食費などの変動費を節約してもお金は貯まりにくくなってしまいます。

節約をしてお金を貯めるのであれば、まずは、固定費を削減するところから始めることがセオリーになります。

固定費として考えられるものとして、家賃や水道、光熱費、通信費、保険料、駐車場代などがあります。

取り組みやすいものとしては、通信費の見直しなどはいかがでしょう。月1000円削減するだけで年間12000円の節約になります。

その他にも、無駄に契約してしまった保険があるのなら解約してしまいましょう。

本当に必要なのかかを再度考え直すと意外と不要だったりします。

削減できるものは、どんどん削減していきましょう。

まとめ

本日のポイント
  • 先取り貯金でお金は貯まる
  • 口座は分けて管理すると良い
  • 本当に必要なものなのかをよく考えて購入しよう

貯金方法についてお話しましたが、私は、先取り貯金が最も合理的な方法だと思っております。

私も口座をいくつかに分けて、先取り貯金を実践していますが、先取り貯金した分お金は貯まります。

私自身取り組んで効果を実感している方法です。

支出が多い月は、生活費用の口座からでは、お金が足りないこともありました。しかし、そのようなときでも貯金用の口座からは、絶対に引き出さないようにしています。

足りない分は、節約できるところを探し、節約でカバーをするようにして、貯金用の口座を食いつぶすことのないようにしています。

このように貯金用の口座からは、引き出さないとルールを決めて、実行することでお金は貯まります。

やり方は、人それぞれなので、自分に合った方法で取り組んでほしいなと思います。

お金とうまく付き合って豊かな生活になればよいと思います。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA