【キャッシュレス派】私がキャッシュレス決済を利用する理由について

私は支払いの際はなるべくキャッシュレスで支払うようにしています。

今回は、そんなキャッシュレス派の私のキャッシュレス決済を利用する理由などをお伝えできればと思います。

私の意見を通じてメリットに感じていただける方がいたら、キャッシュレスに移行を考えてみてはいかがでしょうか。

ぼんぴと
ぼんぴと

自分にあった決済方法を見つけてくださいね。

この記事を読んでわかること
  • 主な決済方法の種類
  • キャッシュレス決済のメリット

早速ですが本題に入っていきましょう。

※本ページはプロモーションが含まれています。

決済方法の種類について

決済方法についていくつか種類があるので、先にご紹介します。

すべてをご紹介することは難しいと思いますが、ざっとこれくらいあります。

決済方法の種類
  • 現金
  • クレジットカード
  • プリペイドカード
  • デビットカード
  • 電子マネー
  • QRコード、バーコード決済

順番に中身を見ていきます。

現金

一番なじみのある決済方法で、長くにわたり使用されてきた決済方法です。

自動販売機やコインパーキングなどどこでも使用できることが一番のメリットです。

その他にも使った金額が実際に数えられたり、財布の中身の減り具合で実感することができるので管理のしやすさがメリットとして考えられます。

実際にそのような理由から現金での決済を好む方もいるようです。

クレジットカード

クレジットカードは様々なシーンで利用することができます。ネットショッピングや飲食店、スーパー、コンビニ、百貨店、公共料金の支払いなど多くのシーンで利用することができます。

ほとんどの店で使えるところがメリットです。ただ、たまに使えないお店もあるので注意が必要です。

カードによって様々ですが、利用するたびにポイントが付与されるなどのメリットもあります。

また、翌月の支払いになるので使いすぎなどにより、支払えないことのないように注意が必要です。

プリペイドカード

プリペイドカードは、前払いタイプの決済方法です。事前に現金をチャージして利用します。

そのため、「気が付いたらこんなに使ってしまった。」などの使い過ぎを防げる点にメリットがあります。

その反面、チャージをしないと利用できないので、不便さはあります。

デビットカード

デビットカードは、クレジットカードと同様に様々なシーンで利用することができます。

コンビニやスーパーでのお買い物、種類によってはネットショッピングでの利用も可能です。様々なシーンで利用可能なので便利です。

クレジットカードとの違いとしては、引き落としのタイミングです。

クレジットカードは銀行口座から翌月の引き落としになるのに対して、デビットカードは銀行口座から即時引き落とされます

そのため、銀行口座内にお金がないと利用できないので、使い過ぎを防げるところにメリットがあります。

また、クレジットカードのような審査がないので気軽に持てるところもメリットです。

電子マネー

電子マネーは「交通系」や「流通系」などいくつか種類があります。それぞれの利用用途にあったものを選んで利用することが1番です。

よく聞く電子マネーをざっと出すと以下の通りです。

電子マネーの種類
  • Suica
  • iD
  • nanaco
  • 楽天Edy
  • WAON
  • QUICPay

私がよく使っているのは楽天Edyです。

理由としては、楽天ポイント還元があることや楽天クレジットカードに付帯しているので、カードが1枚で済む点などがあります。

楽天ポイントが貯まるとポイントでお買い物ができるのでお得です。

ぼんぴと
ぼんぴと

私はマクドナルドでポイントを使ってハンバーガーを買ったりしています。

電子マネーのメリットとしては、決済がスピーディーなところです。クレジットカードのような暗証番号の入力が不要でほとんどの場合、カードリーダーにタッチするだけで決済が完了します。

QRコード、バーコード決済

最近あらゆるところで利用環境が整ってきている決済方法です。

スマホにアプリをインストールしてそのアプリからQRコードやバーコードを読み取り決済を行います。読み取るだけなので非常に簡単でスピーディーに決済が完了します。

主なスマホ決済アプリ
  • PayPay
  • 楽天Pay
  • LINE Pay
  • d払い
  • メルペイ

PayPayは大型キャンペーンやCMでの宣伝のイメージがあるかもしれませんが、それらのおかげか利用者が1番多いようです。

私もPayPayはインストールして利用していますが、非常に便利で決済が楽なのでおすすめです。

ポイント還元も積極的に行っているので、うまく活用すればポイントも貯まりやすいと思います。

私が考えるキャッシュレス決済がおすすめの理由

メリットが多い

私は普段の生活で現金をなるべく使わないようにしていますが、それには理由があります。

単純にメリットが多いからです。

私が考えるメリットについて順に説明していきます。

①支払いが簡単かつラク

これは1度キャッシュレス決済を使ってみれば理解できると思います。

現金で払う場合だと、お札や小銭を数えて支払いを行い、そしてお釣りを受け取って財布に戻すという動作が発生してしまいます。

このお金を数えるという動作と双方のお金の受け取りに時間がかかってしまいます。

スムーズに行えても10秒以上の時間がかかると思います。

また、こんなことありませんか?

120円があればきれいに払えるので財布の中を探したが、見つからず結局1000円札を出す羽目になってイライラする

なんてことも、、。

しかし、電子マネーやスマホ決済を利用すると煩わしい小銭やお札のやり取りがないのでスムーズに支払いが済みます。

財布の中の小銭を一生懸命探す手間もなくなるのでスピーディーで快適です。

②ポイント還元がある

多くの場合キャッシュレス決済を利用するとポイント還元を受け取ることができます。

受け取ることができるポイントやそのポイントを利用できるお店などはそれぞれルールがありますが、ポイント還元は非常にメリットです。

1%前後のポイントが付与されることが多いと思いますが、1%でもやがて大きな金額になります。

私は楽天カードや楽天Edyをよく利用しています。

おおよそですが、100円分の利用で1ポイントが付与される仕組みです。(細かい条件で変動しますが。)

それらを普段利用することで月に約1000ポイント以上はポイントを獲得しています。年間、10000ポイント以上です。

現金で支払いを行ってしまうとポイントが受け取れないので、積極的にキャッシュレスで決済をしています。

③利用履歴が残る

キャッシュレスで決済を行えば、会員ページやアプリなどで支払い履歴を確認することができます。

そのため、いちいち家計簿などに記入しなくても何にどれだけ使用したのかを確認することができます。

家計管理をしたい人や無駄遣いをしたくない人の力になってくれるはずです。

デメリットとして考えられることは?

基本的にデメリットは少ないと考えています。

しかし、いくつか考えれれるデメリットをあげてみます。

①現金しか使えない場所がある

ぼんぴと
ぼんぴと

現金を持ち合わせておらず支払いに困ったことがありました、、、。

お店やサービスなどによっては現金のみしか対応していないところもあります。

例えば、地域のラーメン屋や居酒屋などの飲食店やコインパーキングなどの駐車場などです。

まだまだ、小さなお店や利用機会の少ないサービスなどではキャッシュレス決済サービスが対応していないことはよくあることです。

自分が利用するキャッシュレスサービスが使えるのかを事前に確認することや念のため現金も持ち合わせておくことがベターかと思います。

②システム障害などで使えなくなる場合がある

運営する会社が日々メンテナンス等の保守、管理を行っているので、ほとんど心配する必要はありません。

しかし、万が一システム障害が発生してしまった場合は、支払いができなくなってしまうことが考えられます。

システムが復旧すればまた、通常通りに利用できるようになるはずです。

まとめ

私がキャッシュレス決済を利用する理由について書いてきましたが、大きな理由としては、現金での決済以上にメリットがあるから利用しています。

今回メリットとしてご紹介したのは以下です。

キャッシュレス決済のメリット
  1. 支払いが簡単かつラク
  2. ポイント還元がある
  3. 利用履歴が残る

現金での支払いでは得られないメリットばかりです。

私が普段利用するのは、クレジットカード、楽天Edy、PayPay、現金です。

現金はどうしても必要な場合があるので、持ち合わせておりますができれば完全キャッシュレスになってほしいと思っています。

その方が財布が軽くてラクだからです。

現状だとクレジットカード1枚、電子マネー1つ、スマホ決済1つをそれぞれ利用すれば、ほとんどのお店やサービスで対応できると思います。

必要なキャッシュレスサービスは人それぞれ違うので、必要に応じてカスタマイズしてください。

キャッシュレス生活をスタートさせて、スマートなお買い物ライフを始めてみてはいかがですか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA