バカラに必勝法はあるの?勝率UPで稼いでいく秘訣をご紹介!

今回はバカラで稼いでいくために勝利率UPの秘訣をご紹介できればと思います。



バカラをプレイしているが中々勝てていない方やこれから始めてみようという方など、知っていればきっと、今後のプレイに役に立つと思います。

また、勝率UPのヒントになれば良いなと思っています。



バカラは1/2のゲームですが、適当にベットしていたら必ず負けます。



負けを減らすためにも勝率UPの秘訣をしっかり学んでおきましょう。

※本ページはプロモーションが含まれています。

バカラに必勝法は存在しない

バカラは勝てるの?

ネットで必勝法と検索すると多くの記事が出てくると思います。


しかし、必勝法というものは存在しません!

バカラをプレイするにあたって必勝法というものは気になりますよね?

負け続けている人はなおのこと気になるワードだと思います。

ただ、残念ながら必勝法はないのです。


なぜなら、バカラはギャンブルであって、勝つときもあれば、負けるときもあるからです。

また、ギャンブルはプレイヤーが負けて、運営元が儲かるようにできています。

仮に必勝法があって、すべてのプレイヤーが儲かってしまったら運営元は破綻してしまいます。

そのためギャンブルは、基本的にはプレイヤーが負けて運営元が儲かるようになっています。

では、バカラで勝つことはできないのか?


いいえ、勝つことはできます。


全プレイヤーが儲かるような魔法のような必勝法は存在しませんが、バカラで勝つ秘訣やコツというものはあります。

一握りのプレイヤーでバカラで勝ち続けている人がいるのは事実で、しっかりと自分に合ったベット方法を身に着けていけば勝ちプレイヤーにはなれると思います。

勝率UPの秘訣①「罫線」

罫線の活用でバカラの波を読む

バカラの勝率UPの秘訣として活用したいのが罫線です。

罫線とは、バンカーとプレイヤーの勝ち負けを赤丸や青丸で記録した表のことで、罫線を見ることで過去の出目の傾向をつかむことができます。


つまり、過去の傾向から次に出る目を予測するツールとして活用することができます。

罫線を活用することで、2択を全くの当てずっぽうから、ある程度根拠を持ったベットに変更することができるようになります。

これは活用しない手はありませんよね。

実際の罫線を見てみると、一定の法則でバンカーやプレイヤーが勝ったり、負けたりしているのがわかると思います。

法則性のある流れを「バカラの波」と呼んだりしますが、この波を予測できるようになると勝率をUPさせることができます。

罫線は大きく分けて4種類あります。

罫線の種類

  • 大路(ダイロ)
  • 大眼仔(ダイガンチャイ)
  • 小路(シュウロ)
  • 甲由路(カッチャロ)



メインは大路(ダイロ)ですが、その他の罫線を使っても良いです。



また、勝率UPのため複数の罫線を使うのもありです。



あなたに合った罫線の使い方を見つけましょう!

勝率UPの秘訣②「カウンティング」

2つ目にご紹介するのはカウンティングという手法です。

カウンティングとは、ディーラーが出したカードをメモしながら次に出るカードを予測する方法です。

要するに過去に出たカードを記録し、デッキに残っているカードを絞り出していくことで、次の予測を立てやすくするのです。

バカラは使用したカードをデッキに戻すことはありません。

これを逆手にとった手法になります。

かなり時間のかかる手法なので、実践するのが難しいと感じる方もいるかと思いますが、しっかりとカウンティングを行い予測を立てることができれが、勝率UPも可能かと思います。

1度チャレンジしてみると良いのではないでしょうか。

勝率UPの秘訣③「システムベット」

最後にご紹介するのはシステムベットと呼ばれる資金管理法です。

システムベットは資金を上下させながらベットしておくことで、勝率をUPさせるベット方法です。

システムベットを活用した資金管理を行うことで、資金の減りを少なくしたり、資金を一気に増やしたりすることができます。

ベット方法は様々で、ハイリスクのものからローリスクのものまであります。

そのため、自分の性格などから得意なベット方法を見つけていくことが大事だと思います。

今回はおすすめのシステムベットを3つご紹介します!

マーチンゲール法

マーチンゲール法はハイリスクではありますが、効果は絶大な手法になります。

短期間でパパっと稼ぎたい人におすすめの手法です。

具体的な賭け方は以下の通りです。

マーチンゲール法は負けたら次のゲームで前のゲームの賭け金の倍額を賭ける手法です。

賭け金を倍額にするだけなので、賭け方としては非常にシンプルで簡単です。

負ける度に倍額を賭けるので、リスクは高いですが、一度勝てば今までの損失を一気に取り戻すことができます。


勝てばその時点で利益確定ですので、非常にスピーディーに利益を積み上げることが大きなメリットですね。

一方で、負ける度に賭け金を倍にしていくので、賭け金の増加スピードが速く、リスクが高い手法になります。

ある程度まとまった資金がないと使えないというところがデメリットとして考えられます。

グッドマン法



グッドマン法は、勝ちに応じて賭け金を「1,2,3,5」と4段階で増やし、負けた時点で1に賭け金を戻す手法です。



賭け金の上下のルールとしては、シンプルで使いやすいと思います。



リスクに関しても賭け金が最大でも5までしか増えないため、低リスクの手法になっています。



その分大きなリターンは期待できませんが、淡々と小さな金額を積み上げていくのに向いているでしょう。

メリット

  • 急激に賭け金が増えることはなく、低リスク
  • 大きな損失に繋がりにくい

デメリット

  • 連勝できなければ利益が出ない
  • 大きな利益に繋がりにくい

ダランベール法



ダランベール法は勝ち負けの応じて資金を上下させていくことで、長期的に利益を稼いでいくことができるようなシステムベットです。

初期ベット額を1$とするのであれば、負ければ1$UP、勝てば1$downでベット額を調整しベットします。



そうすることで上記図でも示した通り、2勝2敗で通常ベットでは±0で利益が出ない勝率でも利益にすることができます。

ダランベール法の特徴としては、賭け金を一気に増減することがないので、大きな損失に繋がりにくいです。



また、勝ち回数よりも負け回数が大きくても利益に繋げることができるので、バカラの場合、勝率を約40%~50%前後に保っていれば着実に利益を積み上げることができます。

一気に大きく稼ぐことは難しいですが、低リスクでコツコツ増やしていくのに向いている手法になります。

シミュレーション例



上記シミュレーションの場合でも、3勝4敗で負け越していますが、しっかり利益獲得できています。

メリット

  • 大きな損失に繋がりにくく、低リスク
  • 少ない資金でもチャレンジできる
  • 負け越していても利益を残せる可能性がある

デメリット

  • 大勝はできないので、一気に資金を増やすことが難しい
  • ベット回数が増え、利確まで長期化することがある

まとめ

今回はバカラの勝率UPの秘訣として、具体的な手法をご紹介いたしました。

どれも覚えれば簡単に使えるものになっていますので、ぜひ活用いただければと思います。

本日の要点
  • ギャンブルに必勝法は存在しないが、利益獲得の秘訣はある
  • 罫線を活用し、バカラの波を読むことが大事
  • カウンティングを活用し予測精度UP
  • システムベットを活用すれば負け越していても利益を残せる



バカラの取り組み方は人それぞれで、趣味として遊ぶ程度の方がいれば、はたまた、お小遣い稼ぎに取り組んでいる方もいるかもしれません。

しかし、それぞれの思惑と違い、勝てている人とそうでない人がいます。



趣味としてバカラをプレイするにしても、利益を残せたらきっとうれしいはずです。



バカラで勝てている人がいるのは、事実で上手にプレイすれば勝てるのがバカラだと思います。



多くの人に勝率UPのヒントになり、バカラを楽しんでくれる人が増えると良いなと思います。



勝率UPの秘訣を学び、ぜひ実践してみましょう!



▽ベラジョンカジノはこちらから



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA